<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 28日

たまには映画もエイガな・・・。

家からバイクで15分の豊島園ユナイテッドシネマで
立て続けに3本の映画を見た。

★ソーシャルネットワーク
c0166252_00074.jpg

いかにもアメリカンな映画だ。
主人公のザッカーバーグのフード付きパーカー&ジーンズ。訴訟のシーンが中心。セリフが長く、しかも早すぎてヒアリング不可能。資産家の双子の息子達は身長190センチくらいあるボート部員でオリンピック候補。成り上がりのIT企業社長のコカインパーティー。などなど・・・。
どっからどこまでもアメリカを象徴している感じで、後半、観ていて正直飽きてきた・・・。
でもエンドロールのバックグラウンドで聞き覚えのあるシタールのイントロに目が覚めた!!。
『ビートルズ/ベイビー・ヨア・リッチマン』。これだけで俺は感動してしまった。。。。

★ヒアアフター
c0166252_7293888.jpg

イーストウッド作品にハズレ無し、ということで、見に行った。
もちろんハズレじゃなかったよ。チャーリーパーカーを描いた「バード」は主人公があまりにも太りすぎでハズレだったけど・・・。
「ヒアアフター」はすこぶる良い!!!。
マット・デイモンもセシル・ド・フランスも良い。脚本も良い。津波のシーンも大迫力だった。
ラストシーンに疑問は残ったが、いろいろ考えぬいて自分なりに説明はついた・・・。

主人公達の「死」と向かい合いながら前向きに生きようとする姿勢に心打たれた。
自分にとって大切な人が死んだとすれば自分は自傷を選んだりするだろう。
でもこの映画ではそういった選択肢はまったくもって皆無だ。
とにかく、この映画はオススメでっす!。

★悪人
c0166252_730371.jpg

リバイバル上映があるというので観に行ってきた(旧作ということで800円で鑑賞)。

原作の吉田修一作品は何篇か読んだことがあるのだが、これは読んでいなかった。
映画を先に観てしまうとやはり原作を読んでみたくなる。
原作を読みたいと思ったってことは、映画が良かった、ということなので、この映画はとにかく良い。

「ジョゼと虎と魚たち」のツマブキ君はやはり「ジョゼ」のときとかわりなく、ターへーなわけで、、、。
深津嬢の存在感と比べたら月とスッ〇ン。
脚本は昔からあったようなテーマ(逃亡者を隠まる女性、的な、、、)なのだが、
そのテーマの中でもいろいろ新しい視点で描かれているような気がする。

今日、朝8時からアカデミー賞生中継。
「ソーシャルネットワーク」が最有力候補だなんてつぶやかれてるけど、ありえへん!!。
「英国王のスピーチ」はまだ日本で公開されてないけど、予告を見る限り
こういう映画が獲ってほっしいな~~~~。。。。。
[PR]

by fk-blues | 2011-02-28 08:00
2011年 02月 21日

ポップな地下室。

日曜日。
今年初めてのAcoustic Performance Collection(通称アコパ)ホンチャン@吉祥寺。
アングラが似合うけど実はポップな3組が集まってくれた。これぞアコパ!。

15年くらい前の、澁谷ジアンジアン(元祖アコパ)や相模原メイプルホールでのナチュラルタッチ、
アコム(Acoustic Movement)、上野野外音楽堂でのアコヴォ、等のイベントに
出ていたメンバーが勢ぞろいしたライヴだった。

c0166252_4251062.jpg

トップバッターは件(KUDAN)。
BYTZ RECORDS主宰の橋本はじめ率いるユニット。
http://bytz.main.jp/bytzrecord.html
俺が橋本さんのステージをはじめて見たのは、'89年か'90年(?)の吉祥寺Be-Pointだったかな?。
そんときはアコギじゃなくて、ギタリストとしてFenderのムスタングを弾いていた(と思う。全部ウル覚えでスマソ)。
当時の彼のバンドを今は亡き「代々木チョコレートシティー」(通称ヨチョコ)で見たりしていたので、ギタリストと言うイメージが強かったが、実は泣く子も黙るシンガーソングライターなのだ!。その鋭い声とカキムシル・ギターに寄り添う88鍵の全てを使い切ったゴウジャスなヤノピ。歌詞を突然思いついたかのようにささやく朗読、そして予期せぬブレイク(タセット)!。どれをとっても計算づくなのだろうが、とても自然に、聞いているものを裏切ってくれる。これぞ!まさに快感・・・なステージだった。
4月にニューアルバムのレコ発ライヴがあるらしいので、要チェック!!。

c0166252_4252741.jpg

2番目に登場は土屋直之。
アコパを企画し始めてからやたらと「久しぶり~」な方々に遭遇する(まあ、自分で呼んでいるわけだが)。
彼もそんな中の一人で、14年前の相模原メイプルホールでのイベント「ナチュラルタッチ」でタイバンになって以来の再会。その当時は「前座エース」と言うバンドをやっていた彼は現在弾き語りで活動中。いろいろなタイプの曲たちを淡々と歌ってくれ、風貌に似合わずお茶目なふるまいも披露してくれた(笑)。ぜひ、南町田スリフトモールで一緒に修行しましょう!!(笑)。

c0166252_4254368.jpg

そしてオオトリは竹内紀&モリシゲ。
もう説明不要のアコパ・レギュラーの二人組み。
この日もグルーヴィーかつモーダルな演奏を披露してくれて、至福のひととき。
紀さん、新曲かっこよかったぜいぇ!。
アコパMyspaceに動画上げました。
http://www.myspace.com/acoper/videos

音楽を続けていてくれて、ありがとう、感謝、おおきに、thanks。
こういうひとたちにあいたくてアコパをやり続けているのだ。。。。
[PR]

by fk-blues | 2011-02-21 22:52
2011年 02月 15日

路地裏。

19時ごろから大雪。
路地裏で立ち往生していたタクシー。
運転手が途方に暮れていたので、後ろを押してやり、なんとか発車。
青梅街道では中野坂上までの坂を登り切れない車がやはり立ち往生していた。
でもオレのカブは雪道でもヘッチャラで、後輪が滑ることもなくなんとか帰路に着いた。
さすがプレスカブ!。寒冷地仕様だったとは、おそれいりやのきしぼじん。
c0166252_4485024.jpg

5センチくらい積もってます。

路地裏をカブで走っていて、昔作った「路地裏」と言う歌を思い出した。
「路地裏に積もる真っ白な雪のようなキミのハダ・・・、、、」って感じの歌。
そういえば「キミ」にはバレンタインのお返ししてなかったね・・・と、ふと思う・・・。
たまにはそんな古い歌も歌っておきたいのだが、
今年はライブ予定を全く入れていない・・・。
だけど、、、、プロデュースしているイベントは毎月あります。
ぜひお立ち寄りくださいませませ。

★2011年2月20日(日)
吉祥寺 The Foxhole
17:15 open 18:00 start \1500-with drink
出演:件(KUDAN)、土屋直之、竹内紀&モリシゲ。

件(KUDAN)はbytzレコード主催の橋本はじめ率いるポップな地下組織!にひれ伏し。
土屋直之の独自の世界感に浸り。
竹内紀&モリシゲのバツグンなグルーヴ感をお楽しみくだされ!!。
こんなライヴめったにないよ!!。ぜひぜひ。


で、その次のアコパは・・・

★3月13日(日)
「女だらけのひな祭りコンサート!」。
吉祥寺 The Foxhole
17:15 open 18:00 start \2000-with drink
出演:HALUKAユニット、廣瀬康子、よしだよしこ。

これも凄いです。ギター一本で女の情念を歌い上げてくれるはずです・・・。
こんなライヴめったにないよ!!。ぜひぜひ。


★3月17日(木) アコパIN町田
町田ラーメン酒場
19:00開場 20:00開演 チャージ無料(投げ銭ライヴ)
出演:角刈りデートクラブ、輪(りん)、川崎みゆき。

アコパIN町田の支部長「角刈り~」と弾き語り美女二人の対決!!。
これが入場料なしで見られるなんて!・・・(驚)。投げ銭は自由なんで、よろしく。


★4月10日(日)
吉祥寺 The Foxhole
17:15 open 18:00 start \2000-with drink
出演:シバ、梅原典之、鹿嶋敏行。

それぞれのいろいろなブルースが聞ける夜・・・、になることでしょう・・・。


★5月19日(木)
町田ラーメン酒場
19:00開場 20:00開演 チャージ無料(投げ銭ライヴ)
出演:角刈りデートクラブ、よねやまたかこ。

フォークユニット「スリーフィンガーズ」のカタワレ(またはつぐみの会主催)よねやまたかこ嬢がソロで歌います。・・・オレも横笛で参加許可が下りたので、パイパーとして楽しみますよ~ん。
[PR]

by fk-blues | 2011-02-15 05:03
2011年 02月 14日

オーイエぇ!!

先日、上野誠のレコ発ワンマンを見に下北ビッグマウスに行ってきたのだが、
レコ発はやっぱり良い・・・。オレもやりたい、レコ発・・・。
ふだんからせっせとレコーダーに向かい録音しているのだが、完全に一人で作っていると、アレンジとか方向性とかわからなくなって行くのが、自分でもみえてくるから、だれかプロデュースして栗!ってたまに思う・・・。

マコト君はビッグマウス・レーベルとの共同作業で録音を進めて行ったらしいから、彼の弾き語りとは一味違う音源になっていたのだと思う。

オレも今年は音源作るぞ!。曲は腐るほどあるし、、、、やっぱ、プレスしたいし、、、。

最近作った新曲もあるけど、ストックしてる曲がかなりあるので、そいつらを消化してからアップするよ!。
[PR]

by fk-blues | 2011-02-14 04:43
2011年 02月 11日

雪が降る、新宿区内。

朝から雪だったのだが、
新宿区内をバイクで駆けずり回っていた。
寒い~。
c0166252_177037.jpg

公園の動物達も寒そうです(高田馬場の公園にて)。

雪でもめげずに、世田谷区内のビッグマウスまで行ってきマウス!!。
[PR]

by fk-blues | 2011-02-11 17:14
2011年 02月 11日

浅草で汗クサなライヴ!!

2月10日(金) 浅草KURAWOODで野郎ばかりの汗クサ・ライヴだった。

「KURAWOOD」とはどうやら蔵前のハリウッドを目指す、と言うネーミングらしい・・・。
店内は浅草(蔵前が最寄り駅)と言う場所柄か、三社祭りのちょうちんで飾られ、
椅子にも和風に畳が敷いてあったり、なんだか普通のライヴハウスではないぞ!。
最近(去年から)飲み屋での投げ銭ライヴばかりだったので、
たまにはちゃんとしたライヴハウスで歌わないと自分の奏でるギターに酔いしれる感覚を忘れてしまいそうなので、ブッキングしてくれるKURAWOODのマネージャー・フカノマサシ(弟)に感謝・・・。

いつもながらリハから凄く良い音をモニターしてくれて感激!。ギターのマイクはペンシル型コンデンサーマイクの名機AKG C451。このマイク俺も欲しい!。めちゃくちゃナチュラルに集音してくれるから、ピッキングのニュアンスとかマイクとの距離感とか忠実にアウトプットしてくれる。こんなライヴハウスめったにないぞ!!。

で、本番はやっぱり気持ち良く歌えた。
広いステージにひとりぼっち・・・ストイックでいい。
モニターの返しもバツグンで自分のギターに浸れる感覚・・・これもいい。
リバーブの響きもライブハウスならでは、だ。
ライン録りもしていたので後ほどMYSPACEにアップしようかな。
c0166252_1552260.jpg


他の出演者もツワモノばかりだった。
hidetoさんは町田、厚木界隈で一緒だった同年代のシンガーで、ハイトーンヴォイスとギターカッティングが胸に突き刺さってくる感じ。やっぱオレは熱い歌が好きなんだな・・・。

たまと鎖(ボール&チェイン)さんは一人だったが、めっちゃ共感できるラヴソングに切なくなると同時に胸踊らされた。

木原剛さんの力みのないヴォーカルに寄り添う熱い箱ベー&ジャジーなギター、最高でした!!。
バックのふたりとは楽器にまつわるマニアックな話で盛り上がり、こんな瞬間がオレは好きなんだよ・・・。

ライヴ終了後にもブッキングのフカノと機材話で盛り上がり、そのフカノが来月レコ発ライヴやるらしいので、
オレも今年はCDプレスするぞ!!と意気揚々に浅草の夜に消えたのさ・・・。

c0166252_202471.jpg

昨日話したドラムのチューニングキーをネックレスにしてみたのさ。。。
[PR]

by fk-blues | 2011-02-11 02:06
2011年 02月 10日

The Cross

DTMは結局オレには似合わないとあきらめかけていて、
やっぱ生楽器でしょ!と言うことで、最近よくドラムスタヂオに顔を出している。
家ではパラディドルを練習台に向かって、メトロノームとにらめっこ。
メトロノームの音が消えるまでひたすらルーディメント。
これはこれで結構楽しいのだが、スネアパッドだけでは物足りず、V-Drumが欲しいよ・・・。

で、先日のスリフトモールで珍しいチューニングキーを見つけた。
c0166252_0112676.jpg

メーカー不明のものだけど、なんかチューニングするのが楽しくなりそうなシロモノ・・・。

ドラム、ピアノ、ギター、ウッドベース、そして歌、こんな編成の仮想バンドで
今年はアルバム作るよ・・・。絶対!。

で、明日は浅草クラウッドで弾き語りライヴです。
[PR]

by fk-blues | 2011-02-10 00:18
2011年 02月 07日

東中野から南町田へ

2月4日(金)
なぜか東中野の飲み屋での投げ銭ライヴの企画を「角刈りデートクラブ」が持ってきたので
明大中野近くの居酒屋「風花」で歌った。
まさに居酒屋然としたたたずまいの和風な店内。
畳敷きの床の間もあるが、さすがにその上で立って歌うのははばかられ、
壁に飾られた登り竜の絵画をバックに歌った。
c0166252_0432.jpg

バンドで歌っていてインディーズでCDも出したことがあると言うファンキーでセクシーなママさんも
ノリノリで歌を聞いてくれていて、オレにとっては今年初歌いのステージはなるべくノリのある曲を選曲していたので、自分でも熱い歌が歌えたと思う。
しかも昔住んでいた東中野でのライヴだし、その街に関わるエピソードには事欠かないので、
MCもなすがままの東中野ネタで押し切った。なんかまた住みて~な~ヒッヒッガッガッシシナカノ~。
角刈りとも少しセッションしたり、ベースのイケチャンのリードボーカル(貴重!)も聞けて楽しかった~。
途中から来店されたお客さんたちはたぶんあっけにとられていただろうが、飲み屋でのライヴはそんなのお構いなしさ!。ママがCD買ってくれたし、桜の咲く頃にまたドンちゃん騒ぎしようぜ!と約束し東中野の夜に消えたのさ・・・。

2月6日(日)
恒例の「南町田 スリフトモール」へ。
東中野とか南町田とかどうして「東南西北」が付くメインの街じゃないと所ばっかに吸い寄せられるんだろう・・・。
今年初めてのスリフトモール「音楽倉庫VOL.7」。
このブログでもさんざん書いてきたが、はっきり言ってこのイベントは「修行」であり、ライヴハウスでのライヴや、投げ銭ライヴ、路上ライヴとは全く異質なものである。でも続けることに意義があるイベントであることは確かなのだ。レギュラーメンバーである「角刈りデートクラブ」と「上野誠」そしてオレの3人が中心の「部活動」になりつつあったのだが、今回は「輪(りん)」姫と「ストリーム・マリ」嬢、「白兎(はくと)」兄と「田中スイショウ」叔父が加わって賑やかなステージになった。「修行」だと聞いて参加してくれた人たち、スミマセン・・・。
c0166252_0323868.jpg

今年はどんな「音楽倉庫」になって行くのだろう?。ひょっとしたら音楽の聖地南町田になることを夢見て・・・。

で、↓ 密やかな打ち上げの席でいちごパフェを食らう角刈りハセちゃんのご満悦な笑顔・・・。
c0166252_0414561.jpg

[PR]

by fk-blues | 2011-02-07 00:43