FK-blues

fkblues.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 20日

ヒガシキョウトから

京都と名古屋へ行ってきた。アローン・アゲイン・ツアー第二弾は正真正銘一人で回ったツアーだったので、成功して本当に良かった。今、東京に戻って一夜明けてもまだ興奮してるけど、安心もしている。
c0166252_9392646.jpg

京都は毎度おなじみ丸太町の陰陽(ネガポジ)。バンドではもう何度も出ているハコなのだが、弾き語りで出演するのは初めてだった。ドラムの置いてないステージに一人で立つとバンドの時と比べて、意外と広いじゃん。いつもと勝手が少し違うけど、PAゴロちゃん最高の音を作ってくれた。アップライトピアノを斜めに配置したんだけど、背中からオーラが出ていただろうか?。ピアノで本番の時は自分の声がデカ過ぎたせいかピアノをうまくモニターできず、曲に入り込めなかったような気がした。でもかなり集中して10曲を歌い切れた。対バンの伊藤ユッキ×トリッシュのステージも素晴らしく「ぞんざいな食事を~」の歌いだしで始まる曲が強烈なインパクト!。歌いだしは重要だな。俺の曲で「泣きながら生まれて来た訳を教えて~」と言う歌詞で始まる歌があるんだけど、これもクロウト受け(スタッフふたり)していたみたいでした。大阪から来てくれたお客さんや、終ってから飲みに来てくれたJFさん、CD買ってくれた人々、ありがとう。打ち上げでゴロちゃんの怖い話シリーズが始まり、陰陽の楽屋で就寝。怖い話を聞いたあとにあんな所でよく一人で眠れたな・・・夜中のライヴハウスに一人って相当怖いよ。
c0166252_9394727.jpg

翌日10時ごろ目覚めて陰陽のピアノを借り一時間朝練。俺って意外と真面目です(笑)。そしてJRを乗り継ぎ名古屋へ。写真は途中の大垣駅にて。電車をいくつか乗り換えていると、気楽な一人旅を満喫してる気がする。ついでに去年の夏のアローン・アゲイン・ツアーVOL.1を思い出す・・・。16時名古屋パラダイスカフェに到着。初めて行くライヴハウスだったけど対バンのリユカさんやスタッフさんたちが気軽に声をかけてくれて嬉しかった。しかもリハーサルの時ハーモニカが急に壊れてベントできなくなり慌てていると、リユカさんたちが近くの楽器屋を教えてくれて、自転車まで貸してもらい隣り駅池下の楽器屋までサイクリング!。黒尽くめのハードロックな衣装でピンク色のママチャリ・・・地元の女子高生にじろじろ見られてました・・・。無事Gのトンボをゲットでき、本番はトップバッターで出場。この日はツーマンだったので持ち時間が1時間!ステージに上がって客席をみるとスーツ姿の紳士淑女で超満員!。一時間どうやって場を持たせようかたじろいだが、出たもの勝ち、自分の歌を歌うことしかできないしと開き直り歌い始めた。「ヒガシ・京都から来ました~」とか言っておちゃらけてみたけど。グランドピアノの響に自分でも酔いしれることができ、最近では一番の演奏ができた気がする。お客さんの雰囲気に合わせてちょっとはムーディーな曲をやろうと思いぶっつけ本番で「夜を数えて(Singin' along in your night)」のジャズギターヴァージョン(?)を演奏。最前列のお姉さまが満面の笑みで拍手してくれた。たくさんお客さんを呼んでくれたリユカプロジェクトさんに感謝します。
c0166252_9402996.jpg

終演後、BBA、山純、まるいちさんと焼きトン屋。名古屋の味噌のような甘辛く濃密な夜を過ごした。
BBA邸にてもう話すことないだろうってくらいなのに話は尽きず。例によってなにを話したかは覚えていませんがね・・・。
c0166252_22444192.jpg
七輪の炎に歓喜するふたりのジミヘン。第八旅団のまるいちさんと山純。








c0166252_941121.jpg



翌日は昼過ぎから一人で大須観音。ちょうど18日の縁日でわりとにぎわっていた。米兵でギルドの'60年代のギターを引き倒し、自分へのお土産にゼップTシャツをゲット。
c0166252_9412454.jpg
コーヒー飲んだり250円のお好み焼き食ったり、古着屋やシルバーアクセ屋、レザー洋品店を見たりして過ごしていたらもの凄い夕立に降られて「まるで自分の曲の歌詞みたいじゃん」なんて思って笑えた。ずぶ濡れのまま名古屋駅でバスに乗り込み。ツアー終了。お世話になった方々、ありがとう。ありがとう・・・。
c0166252_9414965.jpg


で、来月はその陰陽勢が東京へ押し寄せてくるので、どれに行こうか迷うなぁ。
[PR]

by fk-blues | 2009-06-20 09:41